ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」キャットフードの詳細とレビュー

愛猫の健康と食べる楽しみ、どちらもしっかり考えて作られたピュリナワンのキャットフード。
現在、15種類もの豊富なラインナップが展開されていますが、中でも今回は、太りやすい猫ちゃんのために作られた「メタボリック(ターキー)」ついての詳細とレビューを紹介していきたいと思います。

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」の特徴

ピュリナワンのキャットフードは、ペットの健康に必要とされる「健康6要素」がすべて満たされているのが大きな魅力です。

・理想的な体格
・免疫の維持
・健康的な骨格と関節
・消化吸収性と便
・目の輝き
・健康な歯

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」には、メインの食材としてターキーがたっぷり使用されており、栄養をしっかり摂取しながら健康な体重を維持できるよう、配慮されています。
また、100gあたり330kcalと、太りやすい猫ちゃんでも安心して食べられる低カロリーを実現しています。
もちろん、栄養面で優れているだけでなく、愛猫の「食べる楽しみ」にも配慮されているピュリナワンですから、使用されているのは「新鮮な」ターキーで、愛猫が喜ぶ美味しさに仕上がっているのも見逃せないポイントです。

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」の良い点

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」は、以下のような優れた点が挙げられます。

・動物性たんぱく質がメイン
・脂肪が少ないターキーを使用
・炭水化物の配合量が低め
・運動不足の猫に嬉しいL-カルチニンやタウリンも配合
・無添加・無着色で安心
・AAFCOの成猫用給与基準をクリア
・コスパが良い

まず、原材料欄をチェックしてみると、最初に記載されているのが「ターキー」となっており、動物性たんぱく質をメインに配合した高たんぱくな栄養満点フードであることが分かります。
ターキーはチキンと比較しても、低脂肪・高たんぱくな食材なので、太りやすい猫ちゃんにはピッタリですね。
また、このフードは「美味を求める成猫用(チキン)」と比較すると炭水化物量が27%低く、代謝エネルギーをコントロールしやすいのも大きな魅力となっています。

さらに、「完全室内飼育」や「ほとんど室内のみ」のような運動不足になりがちな猫ちゃんのために、L-カルチニンやタウリンが配合されているのも嬉しいポイントです。
無添加・無着色やAAFCOの基準クリアなど、毎日与えるフードだからこそ、安全性にも徹底したこだわりが感じられますね。

これだけ良質な栄養や安全性にこだわっていながら、与え続けやすい価格なのも見逃せない点です。
ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」は、コスパも抜群な、愛猫のことをしっかり考えた優秀なフードと言えるでしょう。

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」の悪い点

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」は優秀なフードではありますが、イマイチな点もいくつか挙げられます。

・穀物が使用されている
・家禽ミールが使用されている
・大豆ミールの使用がある
・完全無添加ではない
・マグネシウム量が多め

猫ちゃんは穀類を消化するのが苦手なので、カサ増しなどの要因で使用されることが多い「穀物」が配合されているのは、気になるポイントですね。
また、家禽ミールというのはどんなお肉なのか分からないので、不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、このフードはメインの食材として使用されているのがターキーなので、一般的なフードに比べれば穀物の使用量は少なめ。
家禽ミールについても、AAFCOの基準をクリアしたフードであることを考慮すれば、それほど心配なものではないと考えられるでしょう。

それから、このフードの特徴の1つでもある「大豆ミール」の使用についてですが、これは「ダイエット」という観点で考えれば優れた食材と言えます。
ただし、高齢の猫ちゃんや腎臓を患っている猫ちゃんの場合は、高たんぱくな大豆ミールは体に負担をかける恐れがあるので注意が必要です。
このフードは「マグネシウム量」に関しても、0.13%と高めなので、「高齢な猫ちゃん」や「腎臓に不安を抱える猫ちゃん」には不向きと言えます。
愛猫の年齢や体調を考慮しながらフード選びをすることが大切ですね。

添加物に関してですが、このフードには「ピロリン酸ナトリウム」や「ミックストコフェロール(酸化防止剤)」といったものが使用されており、完全無添加ではありません。
ですが、これらはフードの品質と安全性を維持するために配合された、最低限の添加物ですので、特に気にする必要はないでしょう。

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」総評

ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」には、良い点だけでなく悪い点もあります。
ですが、基本的には悪い点に関しては、健康な愛猫に適量を与える分には、大きな問題になるものではありません。
高たんぱく・低脂肪、低カロリーで運動不足の猫ちゃんの健康にも配慮されているピュリナワン「メタボリック(ターキー)」は、太りやすいことに悩む猫ちゃんにはピッタリなフードと言えるでしょう。

我が家の愛猫の反応は!?

我が家の愛猫「マルちゃん」。
4歳のオス猫ですが、去勢手術をしている上に、完全室内飼育なので運動不足で、最近、お腹周りが気になってきています。

そんなマルちゃんに、早速、ピュリナワン「メタボリック(ターキー)」を与えてみることにしました!
ダイエットフードというと、「美味しくなさそう・・・」なんてイメージしてしまいますが、果たしてマルちゃんの反応はどうでしょうか?

フードは食べやすそうな小粒。
出した瞬間、良い香りがするのか、マルちゃんが興味津々で近づいてきてくれました。

お皿に入れてみると・・・
すごく美味しそうに、ペロリと食べてくれました!
新鮮なターキーを使用しているだけのことはあり、ダイエット向けでも、ちゃんと美味しいんですね。

ちなみに、マルちゃんは体重が5~6㎏くらいなので、「体重を維持する場合」の与える量は1日あたり90~110g程度。

カロリーにも脂肪の量にも配慮されているので、けっこうしっかり食べられます。
これなら、ストレスなく体重管理ができそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする